歌おうぜ!

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについての情報を発信しています

ミックスボイスは裏声なのか?を考える

ミックスボイスは裏声なのか?

ミックスボイスについて正しく知ろう

ミックスボイスについて調べると

メインとなるキーワードは裏声ですよね

ミックスボイスを習得したいと

練習方法を調べると

裏声を練習しろ!とか

ミックスボイスは裏声だ!とか

裏声の発声練習を促す記事や動画が

たくさん見受けられます

それを見て裏声を練習している方も

たくさんいらっしゃると思いますが

裏声で歌うことによる弊害や悩みに

直面している事でしょう

具体的には

声質に満足がいかない

声量がでない

力強く歌えない等です

このまま裏声の練習を続けても

この先はあるのか?

いつか理想とする発声にたどり着けるのか?

私も非常に悩んだ時期がありました

本題に入ります

ミックスボイスは裏声なのか?

答えは半分YESです

ただし裏声だけでは足りません

ミックスボイスは

地声と裏声を作用させる声帯の筋肉を

バランスよく作用させ発声する技法です

裏声と地声が混ざった(Mix)声(Voice)

なのでミックスボイスと呼ばれるのです

しかし実際に発声する感覚は

混ざった声と言うより

地声と裏声の中間的な声という感覚が

正しいでしょう

なぜ裏声を練習させるのか?

なぜこんなにも

裏声!裏声!と言われるのでしょう

それは日本人特有の発声に

問題があるからです

日本人は普段から地声を作用させる

筋肉である甲状披裂筋を主に作用させ

発声しています

そして高い声の源となる裏声に作用させる

輪状甲状筋はほとんど使いません

なので!

輪状甲状筋がとても貧弱なんです

この貧弱な輪状甲状筋を鍛えるために

裏声を発声しようという趣旨が

正しく知識を得てない人等によって

裏声=ミックスボイスみたいな

認識がつけられてしまいました

もう一度書きます

ミックスボイスは裏声だけでは足りません

裏声の発声練習によって輪状甲状筋が

充分に鍛えられたら

地声とのバランスが取れた発声を目指し

練習を進めることになります

効果的な練習方法は

裏声の下降練習

共鳴感覚の取得(特に口腔共鳴)

声帯閉鎖の技術もここで必要となります

最後にミックスボイスの発声感覚を得るきっかけになるかもしれない誰でも経験したことがあるものを紹介します

それは泣き声です

 

以上