Offiy's BLOG

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについての情報を発信しています

ミックスボイスの発声方法と必要な練習方法

ミックスボイスの発声方法

表題の通り

ミックスボイスはどのようにして

発声するのか?

ミックスボイスとは

声帯閉鎖がなされた状態で

声帯を伸展させて

[鼻腔、口腔]内で共鳴させて発声する

上記の発声方法が高音域まで自由に歌える

ミックスボイスと呼ばれる発声方法です

でもいきなり伸展とか閉鎖とか言われても

訳がわかりませんよね!

別の言い方をすると

ミックスボイスを習得するためには

声帯の使い方を学ばなければなりません

そのための練習方法等を書いてみますので

ミックスボイスを習得したくて

頑張っている皆様の参考になれば幸いです

ミックスボイスを発声するための練習方法

声帯閉鎖の感覚を養おう

まずは声帯閉鎖の感覚を覚えましょう

声帯閉鎖はミックスボイスを発声するための

基本的な声帯の状態です

 

裏声の発声練習をしよう

声帯を伸展させるために必要なのが

裏声の発声練習です!

裏声が発声できる状態の声帯の形が

声帯が伸展された状態です

特に日本人は日常生活で裏声を使う事がなく

意識して練習しないとミックスボイスが

発声できる声帯の状態にはなれません

裏声の下降訓練をしよう

裏声が綺麗に発声できるようになったら

裏声のまま低い音域を歌う練習をしましょう

この時に裏声で歌う事による様々な問題が

出てくると思いますが次の項目の技術が

上達すれば様々な問題が解決されます

共鳴感覚を養い共鳴で歌う技術を獲得しよう

裏声の問題点は次のような事があげられます

声量が稼げない

パワーが無い

裏声っぽくて違和感が凄い等

上記の問題を解決して裏声でも

地声のようにパワフルに歌うためには

声を共鳴させる技術を獲得しなければ

なりません

共鳴と言って皆さんが思い付くのは

[鼻腔共鳴]と言う言葉だと思いますが

それだけでは足りません

ミックスボイスと呼ばれる発声方法を

獲得するためには

[口腔共鳴]この共鳴感覚が本当に重要です

特に口腔共鳴は鼻腔共鳴より

共鳴空間が大きく声量が稼ぎやすい

エッジボイスが声に含まれやすい

上記のような利点がありますので

ONE OK ROCKやB'z等を歌うためには

この口腔共鳴は必須技術となります

私の場合はロック等を歌う時は口腔共鳴

バラードやポップスを歌うときは鼻腔を

強めにと使い分けています

ボイトレも様々な方法等があります

ですがミックスボイスの習得に

本当に重要なのは上記の内容なので

皆さんの発声練習の中に取り入れて

みて下さい