誰でも高い声で歌えるようになる、ミックスボイス習得への道

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについて書いています

いつまでも裏声が裏声っぽいまま 裏声を鍛えるとは?

裏声を鍛えて歌声に成長させるとはどういう事か

裏声を鍛えると一言で言っても

鍛えるっていったいどうやるの?

どの様な状態になれば良いの?

何でミックスボイスを習得したいのに

裏声を練習させるの?

こんな疑問を感じた事ありませんか?

裏声の練習に取り組むとしても

この辺りの疑問が解決されなければ

不安で練習に真剣に取り組めないかも

しれませんね!

今回は裏声についてもっと考えてみましょう

まずは!

[裏声を鍛える]をもっと具体的に考えてみる

まずは裏声を発声させる声帯を操作する筋肉

輪状甲状筋を鍛える事が注目されていますね

これは確かに大事な事です

今まであまり使った事のない

輪状甲状筋を鍛える事は高い声の発声に

とても重要なステップです

でも・・・

裏声をいくら鍛えても裏声のまま!

私はこれで悩みました

力強く発声できるけど裏声っぽい

高い声の発声ができるけど裏声っぽい

私はこの状態を突破するのに何年も費やす事になりました

これはどんな状況だったか例えてみると

筋トレを頑張って筋力はついたけど

野球やサッカーは下手くそだった

こんな感じですね!

声帯の筋肉を鍛えて

高い声は発声できるようになったけど

ただそれだけと言う感じです

この状況を克服するには

ある技術的な事を習得する必要がありました

それはどの様な技術かと言うと

[声を共鳴させる技術]です

声を響かせる箇所や響かせ方で

声の聞こえ方が大きく変わってきます

鼻で響かせる

喉の奥まで響かせる

口の中で響かせる

発声しているのは裏声だけど

まるで地声の様に聞こえたりするのは

響かせ方[共鳴のさせ方]が大きく関係します

ネット等でミックスボイスと裏声について

取り扱う人も増えてきましたが

どれも筋力的な意味で裏声を鍛えよう

という内容の物が多いです

筋力的なトレーニングを頑張って

高い声が発声できるようになってきたら

技術的な意味で裏声を鍛える[共鳴方法]に

取り組んで見てください

裏声を鍛えると言うことは

筋力を鍛える

技術を鍛える

この2つを意識して練習に取り組んで下さい

技術的な練習方法や私の体験談等を

このブログや動画で紹介していきます

ご興味がありましたら

是非また見に来てください