誰でも高い声で歌えるようになる、ミックスボイス習得への道

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについて書いています

声帯閉鎖を強化すると裏声は成長する、そしてミックスボイスへ!

裏声をミックスボイスへ成長させるために声帯閉鎖を強化しよう

 

今回の記事は[ある程度裏声発声ができて][ある程度裏声で歌える]人達へ向けて書いています

 

ヘッドボイスが裏声っぽい!

ヘッドボイス[裏声と使い分けるため別表記]である程度歌えるようになった私の

最大の悩みはヘッドボイスが裏声っぽいこと

換声点より上の音域で歌うのは違和感なく聞こえる[線は細い声だけど]ですが

F4からB4辺りを歌うメロディを歌うと、この音域の上と下で声の響き方が違いました

この時期はX JAPANはそれなりに歌えるけどポルノグラフィティは歌えない(歌いにくい)こんな状態でした

ミドルボイスを中心にヘッドボイスとチェストボイスを行き来できるが声区融合がなされていない状態です!

 

ヘッドボイスに倍音を多く含ませ地声感をだすために!

上記の状態を改善するために私は様々な練習を重ねます、具体的には声の響かせ方を変えながら(鼻で響かす、喉の奥で響かす等)そのすべてを録音し聞き返す、そんな事を繰り返していました

そしてヘッドボイスに地声感を含ませるためには

声帯閉鎖を強化し息の圧力に耐えられる喉を作ることが必要だったんです

以前のブログでも書きましたが

私のヘッドボイスが裏声っぽい原因は響かせるポイントが高すぎた事、ヘッドボイスを頭の上の方(額あたり)に意識を持って発声していた事でした。その発声方法だと高音域は倍音の少ないクリアな声になります

ヘッドボイスに倍音を含ませるためには

チェストボイスのフォームのまま鼻腔と口腔を共鳴箇所に使い、声帯閉鎖させる筋力で声帯を引き伸ばすと言う作業が必要でした

感覚的に説明すると 

鼻で響きかせた声を高音域に入るに従い口の奥を大きく開き口の中でヘッドボイスを発声させる、こんな感じです

この方法で低音から高音まで同じ響きを持った統一感のある発声ができ、ロックっぽいザラザラした実感的の声を手に入れる事ができました。

声帯閉鎖を強くする具体例な練習とは!

声帯閉鎖が重要と言うお話をしましたが

具体的な練習方法とは?

ボイストレーニングとは筋トレと同じだと私は認識しています。

ですので声帯閉鎖を司る筋肉を使わなければ、声帯閉鎖力は強化されません!

それでも注意すべきポイントがあります!

息の圧力を強め過ぎない

少しの時間で良いので毎日行う

この2つが本当に重要だったと思います

この2つを意識して

高い音域の曲を喉の鼻から喉の空間で響かせるように歌う練習をしてください!

息の圧力を強め過ぎないとは、声帯閉鎖の力が弱い内は低い音域を発声する声の圧力のままだと高音域がブレイクするからです

低音域から高音域までスムーズに行き来できる息の圧力を自身で見つけて下さい、最初は全体的な声量が下がると思いますが問題ありません、(その状態でカラオケに行くとしてもマイクを通せば充分歌えます)

バランスの良い息の量を身につけたら、後は歌いまくるのみです!

声帯閉鎖の力が強くなる毎に全体な声量も上がって行きます!

それではお互いに練習に励みましょう

 

 

 you tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09