誰でも高い声で歌えるようになる、ミックスボイス習得への道

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについて書いています

こんな声で歌いたい B'z 稲葉浩志

こんな声で歌えたら! B'z稲葉浩志

日本を代表するボーカリストB'zの稲葉浩志さん

30年に渡る活動歴は、現役の歌手ながら

すでにレジェンドの域に入っていますね

 

若い世代の人(10代)は

しっかり聞いた事がない人も

いるかもしれませんが

日本のロックを語るには避けて通れない偉人です

Youtube 公式動画

youtu.be

 

そして待望のニューアルバムも発表されました

 

 

超人的な歌声を発する稲葉さんですが

現在の歌唱方法と初期の頃の歌唱方法には

かなりの違いがあります。

なので稲葉さんの歌い方は「こうだ!」と説明する事はできません

これほど偉大な人でも何十年も時間をかけて進化して行ったんだなと思うと、

歌声の構築とは本当になんだなと思います

 

 

初期の稲葉さんの歌声は普通の成人男性よりは少し高い声ですが

平べったく響きの少ない、しゃべり声の延長(地声)で歌っています

初期の稲葉さんは

[地声張り上げスタイル]の歌唱方法です

ですがそれでも超人的な歌声を披露しています。

この頃の歌い方で聞いて貰いたいB'zのアルバムは

 

 

 

名作[Run]

 

  

この名盤を是非聞いて下さい

尊厳なオルガンからスタートする

The Gambler

普及の名曲

ZERO

秀逸なメロディーライン

紅い陽炎

アルバムタイトルにもなった

RUN

ギターとキーボードのソロが聞き応え抜群

Out Of Control

ロック調の曲の数々、

地声張り上げスタイルの迫力のある発声を聞いて下さい

稲葉さんは何年もこの歌唱スタイルで歌ってきました 

そして私が好きなこの歌唱スタイルでの最高峰だと思う曲が

 Real Thing Shakes

 Deep Kiss 

 さまよえる青い弾丸

 ギリギリchop

 この4曲です

この楽曲は!

洋楽最高!

日本のロックはまだまだ!

中二病全開の私を目覚めさせてくれました。

思い返せば、この当時は曲のkeyが右肩上がりに上がり始めて

高い声での歌唱が要求され始めた時代でした。

張り上げ声でこの音域を歌える事が本当にスゴいと思いますが

ライブでは歌いきれていない場面も見られ

本当に限界ギリギリの歌唱だったのでしょう

この歌い方が稲葉さんの喉にダメージを蓄積していったと考えられます

そして稲葉さんの歌唱方法に変化が顕著に現れてきます

 

B'zアルバム[eleven]

 

2000年発売のアルバムですが

このアルバムを初めて聞いた時に少し違和感を感じました、

稲葉さん声がうわずってる?

声の出し方が違う?

この当時は[ポルノグラフィティ][アポロ]等の高音域の曲が発表された時代で、曲のサビや一瞬の高音ではなく、

高音域での歌唱を求められ始めた時代でした、稲葉さんにとってはこの後に喉の手術するように、喉の調子が悪かったのか、高音域の歌唱に対応するために変えたのかは不明ですが、歌唱スタイルを変え始めたのがこのアルバムだと思います。

そしてこのアルバム以降さらに高音域の発声に磨きをかけていきます

2002年発表のこのアルバム(GREEN)

 

このアルバムの曲は稲葉さんの全身全霊が込められていると思っています

特に「熱き鼓動の果て」の歌い方はとても真似できないです

私はA4の音にあれだけの力が込められる歌い方がどうやってもできないです

膨大な力と技術を持った人間がその総てを注ぎ込んだ作品なのでしょう

本当に尊敬の念が絶えません

 

 

そして2003年終盤の喉の不調、2004年の手術を経て稲葉さんの歌唱方法は変わっていきます(進化していきます)

 

2006年

衝動

アルバム[MONSTER ]

 

2008年

イチブトゼンブ

アルバム[MAGIC ]

 

この頃には完全に裏声ベースのミックスボイスで歌っています

高音域の響き方も変わり鋭く切れのある声になっていますので

鼻腔口腔の響きが強い歌い方だと思います。

初期の声と聞き比べると差が歴然ですね

歳を重ねて声の魅力が増してくる本当に素晴らしいボーカリストです

 

 

 

 you tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09