誰でも高い声で歌えるようになる、ミックスボイス習得への道

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについて書いています

ミドルボイスに繋がるチェストボイス

高い声に繋がる! ミドルボイスに繋がるチェストボイス発声方法は?

 

今回はチェストボイスについてお話します

チェストボイスと言うと皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

チェストボイスなんて練習しなくてもできるよ!

 

わざわざ練習しなくても・・・

 

私もそうでしたが、高い声ばかりに目が向いて、チェストボイスって疎かにしがちなんですよね!

私はヘッドボイスから発展する発声方法論を推していますが、

ブログで書いた練習の目的はヘッドボイスとチェストボイスを繋げる事です

今までヘッドボイスに注力して書いてきましたが、繋がる先のチェストボイスがしっかりと発声できていなければ

繋がるもんも繋がらない

こんな事態になってしまいます

 

ここでまず、これだけ言わせて下さい!

これからミックスボイスを習得したい、高い声で歌いたい貴方!

 

貴方のチェストボイスの発声方法はおそらく正しくありません! 

 

正しいチェストボイスが発声できているか?そのポイントは!

ひっくり返らず高い声に繋がるか?

共鳴を得た発声になっているか?

この2つです

 

正しく発声できているチェストボイスはミドルボイスそしてヘッドボイスへと高い声に繋いで行くことができます。

ここで重要になるのは響き、響かせ方です

 

少し極端かもしれませんが

チェストボイス発声の参考にして貰いたい歌手と歌を紹介します

知っている人も多いと思います。

歌手の秋川雅史 氏です、

[千の風に~千の風に~なっ~て~]

の有名な曲ですね

ここで扱うには極端な例かもしれませんが

ミックスボイス発声には

この響きを持たせたチェストボイスを習得する必要があります

秋川氏のように強く太く響かせるには人生をかけて修練しなければ辿り着けない領域ですので、ミックスボイス習得に、このレベルの発声が必要と言うわけではありません、

響きを持たせたチェストボイス発声が必要だと言うことを覚えておいて下さい。

 

高音域に繋がる響きのチェストボイスとは?

チェストボイス=地声

こんな感覚をお持ちの方が多いと書きました

それは間違いで、

正しいチェストボイスは響きが必要とも書きました。

チェストボイスが響く場所は?

チェストボイスは文字通り胸に響かせる声だとネットや本を調べると書いてあります。

だけど、高い声と繋いで自由に歌いたいのであれば

胸の響きだけではダメなんです!

声区が融合していない方は、

裏声と地声[ヘッドボイスとチェストボイス]の声質に大きな差を感じると思います。

それは声帯を操作する筋肉の筋力差それと、

共鳴で声量を稼ぐヘッドボイスと声帯の振動だけで発声する地声では繋がる要素がまったくありません、

なので、それを克服するためには、まず響きのあるチェストボイスを習得して、

ヘッドボイス[ミドルボイス]の響きをチェストに落とし込む事が必要となります!

鼻を鳴らした響きをチェストボイスに取り込むと書けば分かりやすいでしょうか?

これが出来るようになると声質や響きに統一感がでてきます。

そして

ヘッドボイス[ミドルボイス]の響きを取り込む事によってチェストボイス[地声]の厚ぼったさや重さを軽減して聞きやすく魅力的な声を作りやすくなります。

 

練習方法

声区結合のミドルボイスの箇所でも書きましたが、高い声から低い声の練習方法が効果的だと思います。

ミドルボイスの音域から、響きの起点を口に移す感覚で少しずつ、ゆっくりと音階を下げてみましょう。

慣れてきたら低い声から高い声にでも大丈夫ですが、絶対に力まないで発声してください。

もっと慣れてきたら歌を歌いましょう

レミオロメンさんの[粉雪]なんて最適だと思います。

正しいチェストボイスを習得すれば換声点に悩まされる事もなく、貴方の歌の幅を大きく広げてくれると思います。

是非練習に取り入れてみてください。