Offiy's BLOG

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについての情報を発信しています

歌声と裏声を忘れた人達

裏声を忘れた人達!

一冊の本と出会いました

2007年出版なのでもう12年も前の本です

タイトルはなんと!

[裏声のエロス]

大胆なタイトルだなと思い

思わず手に取ってしまった私は

思いがけない衝撃を受けます!

著者[高牧 康]さんは

音痴強制を主に手掛けるボイストレーナー

矯正手段として[裏声]を活用する

理論を展開しています

彼の理論では

裏声は人類がまだ動物として生息していた頃

発声していた声は[鳴き声]でその声は

[裏声であった]と記述しています

私はなるほど!と思いました

犬の遠吠えもそうですが

動物の鳴き声って基本的に高い声ですよね?

重低音の鳴き声はあまり聞かないですよね

人類も昔は情報伝達を

[音の高さ、長さや響きかた]で伝達していた

そして言葉[言語]が発達する毎に

意思伝達のために高い音を出す必要がなくなったと考察していました

そして私はこの言葉に衝撃を受けます

自分の理論を再考しなきゃと思うほど

この言葉に衝撃を受けました

人間の泣き声は[裏声]である

人間は地声だけでは[泣けない]

私はハッとしました

 

試しに泣いた芝居をして録音して下さい

そして聞き返します!

物凄いクソ芝居です[笑]

私は気づきました

人間は本気で泣いた時は地声だけでは泣けないんです

人間は感情が理性を上回ったら普段使わない

領域の声も使えるんだと認識しました

私はミックスボイスらしき声がでた!

とかを否定的にみていました

努力もしないでそんな簡単に出来ない!

そんな観念に縛られてました

そして私も経験があるのですが

本気で泣いた時の音の高さは地声では

再現できません

裏声も併用した[ミックスボイス]の発声が

泣いた時に再現されているのではないでしょうか?

はるか昔、人類が鳴いていた声は

現生人類の泣き声に名残があるのでしょうね

そしてコミュニケーション能力の発達によって使われなくなった[裏声]を歌うための能力

として鍛えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

カラオケを高い声で歌いたいと思ったら!

高い声で歌えないと悩む人達へ

カラオケ等で上手く歌えない

高い声が出ない

どうすれば歌えるようになるの?

こんな悩みを持ち始めた人達へ向けて書きます

はっきり言います

現状で高い声が出せないのなら

私と一緒で高い声を出す才能は無いですね!

でも怒らないで下さい

諦めないで下さい

高い声は練習で出せるんです!

才能は無くてもいいです!

[限界音域に近いところ、男性ならA6以上の音を越えてくると才能は必要だと思います]

ロックやポップで使われる高音域は

C5(hiC)ぐらいまでが一般的です

[XJAPANやONE OK ROCKの音域]

このくらいの高さの音域なら練習次第で

誰でも出せるレベルの音域です

才能の欠片もない

地声が低くて高い声が出せなくて悩んだ

私がその音域で歌えるようになったので

一般的な声の男性でしたら

誰でも高い声で歌えるようになる

私はそう信じて情報発信しています

ただし!

歌えるようになるには年単位で練習が必要です!

私は、ほぼ独学で練習してきましたので

自分で納得がいくレベルの歌唱が出来るようになるまで5年程の年月を使いましたが

正しい方向で無駄なく練習出来れば

1~2年で充分に習得できると思います

何を練習すれば良いの?

高い声で歌いたいと思ってこのブログに

たどり着いた貴方

ミックスボイスと言う言葉に出会ってきましたか?

高い声で歌いたい=ミックスボイス

この認識をお持ちの方が多いかと思います

はっきり言います!

ミックスボイスの練習をしてはいけません!

そもそもミックスボイスってどんな声で

どんな練習をすれば良いの?

ミックスボイスについて調べれば調べるほど

意味がわからん!

こんな状態になると思います

何か分からない物を習得するために

何か分からないけど練習してみる

不毛ですよね

何も進歩しないですよ!

ミックスボイスが自分の理想とする発声なら

いずれはそれを習得すると言う目的はいいんですよ!

でも具体的に何を練習すればその声に近づけるのか?

それを真剣に考える必要がありますよね?

ミックスボイスを習得する目的を達成するためにまずは明確な目標を定めましょう

まず目指す目標は

高い声が出したい、高い声で歌いたい

この目標ではないでしょうか?

高い声で歌える様になったら

自分の納得のいく声質で歌いたい

このように課題が見えてくるんです!

これを一つ一つクリアして行くと

自他共に認められるミックスボイスと言える発声になるのではないでしょうか?

そして私のような平均的な声域の男性が

高い声出すには裏声[ヘッドボイス]しか方法はありません[張り上げや叫びは論外]

私はこのブログでミックスボイスとして成長するヘッドボイスからのアプローチについて記事を書いています

このブログでは裏声を使って高い声を出す方法や、その声をどのようにして成長さてミックスボイスと呼ばれる声になっていくのか?

こんな事を書いて情報発信しています!

高い声で歌いたいのなら

裏声の練習[ヘッドボイス]に取り組んでみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスボイスと!高音域の発声と!声帯の使い方と!

声帯の使い方を無意識レベルで体に叩き込む

 

私はこのブログで

ミックスボイス習得への為に

ヘッドボイスからのアプローチを

紹介しています

 

それは頭や額に響かせるヘッドボイスを

ミックスボイスに成長させる

この事を一貫して伝えようとしています

ですが!

現在の私は[口腔内の響きで歌う等]の記事を

書いたりしています

おまえ・・・

言ってること何か違うくない?

 

こんな事を思っている人もいるかもしれません

ですがこれは全部繋がっている事なんです!

私はこのブログで自分の経験を書いています

声区の結合を説明している記事は

ミックスボイス習得のために練習を始めた頃の私の事を書いています

そして高音域での歌唱も出来るようになり

練習を始めた当時の事を

理論的に振り返る事もできる様になってきました

 

何故ヘッドボイスの練習が必要なのか?

 

これは声帯の操作を覚える為に必要だと断言できます

 

ヘッドボイスのフォームを練習する事で

高い声を出す時に[声帯はこの形]である!

これを体に叩き混むんです

声帯は任意に動かす事は出来ません

声帯は周辺の筋肉の動きで間接的に操作する

ですが

この音域の声はこの声帯の形

これを体に叩き混むと

無意識のうちに発声する声の高さに寄って

声帯の形をコントロールする事ができる様になってきます

たとえば

チェストボイスのフォームのままで声帯は高音域の形にコントロールする

[喉の奥をコントロールする]

こんな事も出来るようになります

これが出来るようになれば

様々な響きを声に加えられる様になり

歌唱できる音域や声質の幅が大きく広がる事でしょう

そしてこの技術こそがミックスボイスの発声技術です

 

技術は無限に広がりますが

最初の一歩はヘッドボイスの発声から始まります

コツコツと頑張りましょう!

皆さんの歌の練習の参考になれば幸いです!

 

 

ミドルボイスを制する者はミックスボイスを制する

ミドルボイスを強化して中音域を自由に歌おう

ボクシングの台詞みたいになってしまいました

最近のj-pop等をカラオケで歌うのですが

まぁ・・・keyが高いですね!

私は地声が低いので最近の曲は全部ミドルボイス以上の声域で歌う事になるのですが

練習初期の頃は[裏声っぽい][強い声で歌えない]等、悩みが絶えませんでした

[この問題の解決は過去記事参照]

https://www.offiychannel.com/entry/2019/07/06/085411

 

男性の場合はG4の上下2~3の音域を担当する声がミドルボイスにあたります

A4 B4の音が含まれるため

ミドルボイス=ミックスボイスと言う認識の人もいますが

ミックスボイスはもっと幅広い音域を自由に歌うための発声(歌唱方法)だと私は思っています!

https://www.offiychannel.com/entry/2019/05/06/222742

ですが!

声区を融合させてミックスボイスで歌うためにはミドルボイスの発声を強化する事

それは!

裏声から構築したミドルボイスをチェストボイスと融合させるという事がとても重要でした

[換声点を乗り越えろ]の記事で書いた

https://www.offiychannel.com/entry/2019/07/17/064922

 

ミドルボイスからチェストボイスに落とし込む練習を積み重ね、鼻の響き[鼻腔共鳴]の感覚を養うと、ミドルボイスとチェストボイスの響きが同時に出せる様になります

[スマホアプリ:カラスタ]で

・世界が終わるまでは

名もなき詩

をアップしています

この2曲は鼻腔共鳴をメインにミドルとチェストの混ざった声で歌唱していますので

閲覧できる環境の人は御参考までにどうぞ

 

https://karasta.net/profile/op90590462

 

今現在の私は口腔の響きをメインに

ヘッドボイスまで融合させた声で歌う事が

出来るようになってきました!

それは鼻腔共鳴がもたらす

ミドルとチェストの融合が

そのきっかけを掴ませてくれたからです

 

裏声からミックスボイスを目指すヘッドボイスアプローチを練習中の皆さんの参考になれば幸いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな声で歌いたい Helloween Michael Kiske

こんな声で歌いたい ハロウィン マイケルキスク

今日は若い世代の人に聞いて貰いたいボーカリスト

Michael Kiske(マイケル・キスク)(以下マイケルキスク)

をご紹介します

私が子供の頃にもっとも憧れたボーカリスト マイケルキスクです

 

180cmの長身に金髪碧眼の甘いルックスと超絶ハイトーンボーカルは

見るものを魅了しました

彼の代表作として有名なものは

 Helloween時代の名曲「Eagle Fly Free」です 

この曲でのマイケルキスクのボーカルはF5の音を軽々と発声し

曲名の通り大空を自由に飛ぶイーグルを完璧に表現する素晴らしいボーカルです

Youtubeでも映像がありますので是非みて下さい

彼のハロウィン時代の作品、代表作守護神伝 I、IIを絶対に聞くべきです

 

その他2枚のアルバムを発表し彼はハロウィンを脱退してしまいます

ピンクバブルズゴーエイプ

カメレオン

 

この2枚は抜群のボーカル技術を披露していますが

バンドメンバーとの確執のためか音楽の方向性が

定まっていない作品となっています

 

その後ハロウィンを脱退し

ソロ名義でアルバムを発表します

(Callingは絶品です)

その後はAOR等の活動に傾向していき

HM Rockのジャンルからは一線を引いてしまいました

ヒーリング系の音楽をメインに発表する彼に

もうRockやHMをやるつもりは無いんだなと寂しい気持ちを覚えました

ですが一転

盟友だったカイ・ハンセンをメンバーに加えバンドUNISONICを結成し

ハードロック・HMに返り咲きます

 Youtube公式映像をご覧下さい

 https://www.youtube.com/watch?v=2XR65ATnBWI

 

 近年ではHelloweenとリユニオンして

往年のベストメンバーに近い構成でライブを行うなど

年齢を重ねた今も超人的なボーカルを披露しています

彼(マイケルキスク)のボーカルは今後も語り継がれて行く事でしょう

 

 

 

 

 

ミックスボイスは息をコントロールする

息は声をコントロールする!息とミックスボイスとの関係について

 

突然ですが私は歌唱時における腹式呼吸に否定的な意見を持っています

[腹から声を出す]とかの例えも否定します

発声は声帯の操作と共鳴で出すものであり、横隔膜の圧力を使い力ずくで出すものではないからです

昨今では高音域発声の仕組みも練習方法も確立されてきて、ヘッドボイスからのトレーニング方法を紹介する人も増えてきましたが

今だにレッスンで腹式呼吸や腹筋練習を教えている所もあるようで・・・

[その時間で他に教る事がたくさんあるだろう?]

私は正直このように思います

なので今回は発声と息の関係について書いてみます

 

当たり前の事ですが

息を使わなければ声は出せません

そして息をどの様に使うか?によって

発声が大きく変わります

皆さんは、発声する時、歌う時に

息がどの様に使われているのか?

考えた事がありますか?

自分の状態を確認してみましょう!

まず口の前に手を当てて

声を出したり歌ったりしてみて下さい

手に息が当たりますか?

おそらく殆どの方が手に息が当たると思います

これは息が声に変換されて

声と共に息が流れているためです!

この状態で大きな声や高い声を出すには

多くの息が必要で

声と共に大量の息が消費されている!

歌うにはとても効率が悪い発声方法です

 

それでは効率が良い方法とは?

私は歌唱する時に口に手を当てても

手に息は殆ど当たりません

これは効率良く息が声に変わっているためです

効率良く息を声に変えるポイントは2つ

共鳴を使う[鼻腔 口腔]

声帯閉鎖

この2つが重要です

音が共鳴するには空間が必要です

空間は外部とは遮断されなければなりません

鼻腔や口腔を音を響かせる空間にするのなら

声帯を閉鎖し口や鼻から息が漏れない様にしなければなりません

声を響かせる空間を確保する

その状態で共鳴で声量を得る発声する

この発声技術を習得しましょう

声帯閉鎖によって作られた空間に必要最小限の息を共鳴させ声量を得る

ミックスボイス習得のためには必須の発声技術となります

息のコントロールの仕方を意識して練習してみて下さい

 

 you tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09

 

スマホアプリ[カラスタ]で歌っています
https://karasta.net/profile/op90590462

ミックスボイスは声の響きをコントロールする

声の響きをコントロールしてヘッドボイスとチェストボイスを融合する

 

人間の声帯は基本的には裏声と地声[ヘッドボイスとチェストボイス]しか声区がありません

この間の音を担う声をミドルボイスと名付け

ヘッドボイスとチェストボイスをミドルボイスで繋ぐ事で声区が結合した状態となり広いレンジの音域を発声出来るようになりますが

この段階ではまだ声に力強さが足りなかったり、高音域になると声が細く裏声っぽくなったりと色々な問題を抱えていると思います

 

この状態を克服するには声区の融合段階まで習得度を高めなければなりませんが

練習の方法も解らずに停滞してしまっていませんか?

私もこの状態を脱するまでにかなりの時間を費やしました

この状態を脱するには

声の響きをコントロールする方法を学ぶ

高い声から低い声まで発声出来るの状態なら

声を何処でどの様に響かせて、その声がどの様に聞こえるのか?

これを突き詰めましょう

そのためにはどの様な練習が有効か?

ヘッドボイスからのミックスボイスアプローチを実践している皆様はヘッドボイスの声質を強く太く地声感を出すための努力を続けていると思いますが

ヘッドボイスにチェストボイスを混ぜる練習をしているのなら
チェストボイスにヘッドボイスを混ぜる練習も必要なんです

チェストボイスにヘッドボイスの成分を多く含ませると、自然体で発声する基本的な音高が上がります、そしてこの練習はミドルボイス発声を強化する効果もあります

ミドルボイスを起点としたチェストボイスの成分を含んだヘッドボイス

ミドルボイスを起点としたヘッドボイスの成分を含んだチェストボイス

とってもややこしいですね!

発声の感覚としては

鼻を起点に鳴らしたミドルボイスの響きのまま音域を下げるまたは上げる(鼻を鳴らしたミドルボイスを強く意識しながら)

この練習を続けると低い声と高い声の統一感を得ることができます。

文字だけでは理解しにくい内容だと思いますので、offiychannel のYouTube動画で説明をしたいと思っています!

 

声区の融合までもう少しです頑張りましょう

 

 you tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09