誰でも高い声で歌えるようになる、ミックスボイス習得への道

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについて書いています

ミックスボイス習得のために何故、裏声を練習しなければならないのか?

ミックスボイス習得のために何故、裏声の練習が必要なのか?

 

今回は表題の通り

ミックスボイスを習得するために

何故、裏声を練習しなければならないのか?

何故、地声からではダメなのか?

これについて書いてみます

 

ミックスボイスを習得するために

裏声の練習をする理由は

声帯の使い方を学ぶため

これにつきます

 

ミックスボイス正体は裏声だと

言っている人もいますが

それでは説明が雑過ぎます

純粋な裏声そのものは

地声のような響きを持ったミックスボイス

と言える声にはなりません

それでも裏声の練習が必要なのは

上記に書いた通り

歌唱に適した声帯の使い方

声帯の形、正しいフォーム

これを習得するために

裏声の練習が必須なのです

 

高音域まで自由に歌える

正しい声帯の形[フォーム]とは

ヘッドボイスが発声できる声帯の形です

この声帯の形[フォーム]を維持したまま

[バランスを取ったまま]

中音域、低音域の発声をする事で

幅広い音域を歌える発声が可能になるのです

もう少し具体的に書くと

ヘッドボイスで高音域を発声している時に

声帯は薄く伸ばされた状態で振動しています

発声する音域が低くなる事に声帯は厚みを

増していくのですが

その時にヘッドボイスを発声できる

声帯の形[フォーム]を崩さず

声帯の緊張を緩めて厚みを増し

低音域を発声する

この様な声帯の使い方を

習得する必要があります

地声の発声からでは

この声帯の形にたどり着く事は

ほぼ不可能だと思っています

 

なので、まずはヘッドボイスを習得し

その声で低い音域を発声する練習

裏声の下降訓練がとても効果的なのです

 

それでもおそらく最初は

高い声が出るようになっても

高い声で歌えるようになっても

線が細い

声量がない

裏声っぽい

こんな問題に直面する事でしょう

ただしこれは次の段階で克服できます

なのでミックスボイスを習得したいのなら

最初はヘッドボイスの習得と下降訓練を

徹底して練習し声帯の使い方を学びましょう

 

最終的な目標である

地声のような響きで聞かせるようになるには

エッジボイスの響きを加える等の技術が

必要になりますが

それは次の段階で克服したい話なので

次回以降のブログでご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

ミックスボイス習得のために必要な3つの重要なポイント

ミックスボイスの習得には3つの重要なポイントがある

ミックスボイスを習得するために

本当に必要なポイントを整理してみたら

3つに絞る事ができました

早速書いてみます

1、裏声

2、声帯閉鎖

3、共鳴

以上です

これたけでは分かりにくいと思いますので

捕捉します

まず1、裏声です

裏声の練習はミックスボイス習得のためには

絶対に必要ですが・・・

裏声とミックスボイスとが結び付かない人が

多い事も理解しています

この解釈も難しく

[ミックスボイスは裏声なのか?]

と問われたら

[違います]

と答えます

ミックスボイスの習得に

[裏声は必要か?]

と問われれば

[必要です]

と答えます

禅問答のようになっても仕方ないので

ここまでにしますが

[]裏声が必要だが裏声のままではない]

この事を覚えておいて下さい

そして

裏声を進化、成長させるものが

その2、声帯閉鎖

その3、共鳴

この2つになります

それぞれ個別に記事を書いていますので

そちらを見て貰いたいのですが

 

声帯閉鎖

https://www.offiychannel.com/entry/2019/07/06/085411

 

共鳴

https://www.offiychannel.com/entry/2019/10/17/205607

 

要点は

声帯を閉鎖させて発声した

芯のある裏声[ヘッドボイス]を

地声感[倍音]

豊かに響かせて[共鳴]

歌う方法を習得する事を

目指してみましょう

という事になります

 

なぜ裏声が必要か?

については

また改めて記事を書きたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏声を成長させるために共鳴感覚を養う

裏声を成長させるために共鳴感覚を養おう

裏声を基本に歌声を構築するためには

声を共鳴させ声量を稼ぎ様々な声質を

得る事が必須技術となります

それでは

共鳴感覚を掴むための練習をしてみましょう

まず前提条件として

声帯閉鎖をしっかりできるようにして下さい

ヘッドボイスが綺麗に発声できれば大丈夫です

ヘッドボイスが発声できれば声を共鳴させる

基本はできています

その状態から声を共鳴させる箇所を広げるように練習していきます

共鳴箇所を広げると書きましたので

共鳴箇所を具体的に書いてみます

まずは鼻腔です

鼻腔共鳴と言う言葉が有名ですよね

次に口腔です

これは聞いた事がない人が多いと思いますが

とても重要な共鳴箇所なんです

裏声を成長させて自由に歌うためには

この2つの共鳴箇所を共鳴させる感覚を

身に付けなければなりません

特に口腔の共鳴空間を習得できれば

裏声に充分な声量と地声のような声質を

得ることができる事でしょう

でもそれには基本を守り共鳴空間を少しづつ

広げる練習と過程が必要です

基本とは

声帯閉鎖したヘッドボイスを発声できる声帯の形の事です

余計な力を入れたりするとすぐに崩れてしまいます

共鳴空間を少しづつ広げるとは

まずは鼻腔共鳴を習得し徐々に口腔共鳴を

広げて行くことです

それではまず鼻腔共鳴の感覚を掴みましょう

鼻腔共鳴の感覚を掴むための練習で

1番効果的なのは[ハミング]です

ハミングをやりながら

鼻が鳴っている感覚を掴みましょう

ミドルボイスを扱った記事でも書きましたが

ヘッドボイスを鼻腔で共鳴させる感覚で

発声する練習をして下さい

それができるようになれば

次の段階として

ミドルボイス[ヘッドボイス]を口腔内で

共鳴させて発声します

この口腔共鳴の感覚を掴むためには

相当練習を積み重ねる必要があると思います

鼻腔共鳴から少しづつ発展させて下さい

少しばかりのコツみたいな物を紹介します

まず声帯は裏声[ヘッドボイス]の形を維持します、声帯は閉鎖した状態で口の中の空間は大きく広げましょう

口を大きく開くではありません

口の中を大きく開くです

その状態でも声帯の閉鎖を緩めない・・

何しろ練習が必要です

裏声を基本に自由に歌える声を習得するために頑張って練習を積み重ねて下さい

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも裏声が裏声っぽいまま 裏声を鍛えるとは?

裏声を鍛えて歌声に成長させるとはどういう事か

裏声を鍛えると一言で言っても

鍛えるっていったいどうやるの?

どの様な状態になれば良いの?

何でミックスボイスを習得したいのに

裏声を練習させるの?

こんな疑問を感じた事ありませんか?

裏声の練習に取り組むとしても

この辺りの疑問が解決されなければ

不安で練習に真剣に取り組めないかも

しれませんね!

今回は裏声についてもっと考えてみましょう

まずは!

[裏声を鍛える]をもっと具体的に考えてみる

まずは裏声を発声させる声帯を操作する筋肉

輪状甲状筋を鍛える事が注目されていますね

これは確かに大事な事です

今まであまり使った事のない

輪状甲状筋を鍛える事は高い声の発声に

とても重要なステップです

でも・・・

裏声をいくら鍛えても裏声のまま!

私はこれで悩みました

力強く発声できるけど裏声っぽい

高い声の発声ができるけど裏声っぽい

私はこの状態を突破するのに何年も費やす事になりました

これはどんな状況だったか例えてみると

筋トレを頑張って筋力はついたけど

野球やサッカーは下手くそだった

こんな感じですね!

声帯の筋肉を鍛えて

高い声は発声できるようになったけど

ただそれだけと言う感じです

この状況を克服するには

ある技術的な事を習得する必要がありました

それはどの様な技術かと言うと

[声を共鳴させる技術]です

声を響かせる箇所や響かせ方で

声の聞こえ方が大きく変わってきます

鼻で響かせる

喉の奥まで響かせる

口の中で響かせる

発声しているのは裏声だけど

まるで地声の様に聞こえたりするのは

響かせ方[共鳴のさせ方]が大きく関係します

ネット等でミックスボイスと裏声について

取り扱う人も増えてきましたが

どれも筋力的な意味で裏声を鍛えよう

という内容の物が多いです

筋力的なトレーニングを頑張って

高い声が発声できるようになってきたら

技術的な意味で裏声を鍛える[共鳴方法]に

取り組んで見てください

裏声を鍛えると言うことは

筋力を鍛える

技術を鍛える

この2つを意識して練習に取り組んで下さい

技術的な練習方法や私の体験談等を

このブログや動画で紹介していきます

ご興味がありましたら

是非また見に来てください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての裏声! 裏声の練習を始めよう

裏声を始めたばかりの初心者さんへ!

裏声の練習を始めたばかりの方へ

まずは[おめでとう]と言わせて下さい

このまま練習を重ねて行けば

必ず理想の歌声を作り上げられます!

そのための第一歩を踏み出せました!

でも先は長く険しい道です

私もできる限り皆様の練習の糧となるような

記事を書いて全力でサポートしたいと思っています

でも・・・

裏声の練習始めたばかりの頃って不安ですよね?

声弱いし、喉痛いし、変な声だし

このまま続けて良いものか・・・

とか悩んでませんか?

私も悩みました!

でも裏声の練習辞めたところで

歌が上手くなる訳でもないし

練習を続けても先が見える訳でもない

私が発声の練習を始めた頃は

ミックスボイスの情報も少なく

情報に信憑性もありませんでした

こんな状況でも裏声の練習に取り組めたのは

歌を歌えるようになりたい一心でした

結果として私は高音域まで歌える声を手に

入れる事ができました

なので私は歌を歌えるようになりたい人達に

裏声の練習をお勧めしたいのです

裏声がどのように成長して

どのように歌声になって行くのか?は

このブログの過去記事をご覧下さい

 

今回の記事は私が練習を始めた頃を振り返り

ここが重要だったとか

こんな物が欲しかったとか

私の体験談を書いていますので

皆様の参考になれば幸いです

 

裏声の練習を始めたばかりの頃の私は一冊の本と出会った

裏声の練習を始めた頃の私は

[へなへなの裏声]を発声していました

今思うと、あんな声がよくもまぁ・・・

今の声に成長したもんだなと思います

ただしそこにはある出会いがありました

へなへな声の私は

一冊の本と出会います

弓場徹先生の[奇跡のハイトーンボイス]

と言う本です

 

弓場先生のご紹介は省略しますが

この本を目にした私は

[裏声さえも正しく発声できていない]

と思い知ります

息の使い方も力の入れ方も全部

自己流の自己満足のデタラメだったんです

今の私はこう思います

1日でも早く理想の歌声になりたいのなら

1日でも早く[正しい裏声の発声を習得する]

これがスタートラインであり

その方向に目指すべき物があるんです

裏声の練習を始めたばかりの方は

是非この本を参考にしてみて下さい

そして練習が順調ではない人達も

この本をお勧めします

これを基本に練習に取り組んで貰いたいのですが・・・

皆さんは練習場所を確保できていますか?

裏声練習を始めた頃の私は

ボロアパート住まいでしたので

練習場所の確保に悩まされました

車の中で声を出したり

人のいない時間を見計らったりして

声を出せる環境を探すのに苦労しました

もっと気軽に練習できていれば

もっと練習時間が取れて

もっと早く歌が上達したのになと思います

そんな事を思いながらAmazonを見ていたら

 

今はこんな便利な物があるんですね!

ミュートマイク機能だけではなく

発声した声を直接聞けたり[これ重要]

アプリとも連動できる

今の時代は凄いなと思います

ホントに自分が練習を始めた頃に欲しかったよ!

私もまだまだ発声の極みを目指して練習中の身ですが

発声練習を始めた方、練習中の方へ

私の体験談や技術的なアドバイス等を

このブログやYouTube動画で情報発信しています

お互いに頑張って練習して行きましょう

 

 

 you tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09

 

スマホアプリ[カラスタ]で歌っています
https://karasta.net/profile/op90590462

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスボイスは共鳴で歌う

共鳴は裏声をミックスボイスに成長させる

今回は共鳴で歌う事について書いてみます

ミックスボイスについて調べると

鼻腔とか共鳴とかという言葉を目にしますね

さらに調べてみると

・共鳴できない

・鼻腔共鳴やり方

・鼻腔共鳴はもう古い

・共鳴に騙されるな

などなど・・・様々ですね

今回は私が共鳴感覚を養った方法や考え方

そして現在の歌唱方法について

できる限り分かりやすく書いてみます

まず!共鳴とは何だろう?

Wikipediaを見てみました

発音、発声にあっては発音体の振動がより大きな物体に共鳴する事で・・・ 

発音体が単独で出せる音より大きな音を得られると書いてあります

つまり共鳴とは音を増幅させる現象だと理解できます

ここでしっかりと認識して貰いたい事は

共鳴とは発声するための技術ではなく

発声した声を増幅させるための技術だ!

と言うことです

そして発声した声の響せ方

[共鳴のさせ方]によって

得られる声色が変わったり

声質が変わったりします

高い声を鋭く響かせたり

高い声を強く響かせたり

共鳴のさせ方[響かせ方]によって

様々な響きの声を手に入れられます

そしてもう一つ大切な効果があります

共鳴が音を増幅させる現象なら

小さく鳴らした音が

大きく聞こえると言う事

つまり!

少ないエネルギーで歌える

喉や声帯に負担をかけにくい

歌い方ができると言うことです

何時間も何曲も歌っても枯れにくい声を

手に入れられます

共鳴で歌うための練習方法

まずはどこで共鳴させるか?

簡単に共鳴を体感できる方法があります

それは[ハミング]です

ハミングで共鳴している場所は

鼻腔と呼ばれる空間です

ハミングをすれば誰もが鼻腔共鳴の感覚を

体感できます

しっかりと声帯閉鎖を行い

ヘッドボイスが発声できれば

それも共鳴での発声になります

ここまでのお話は声区結合の中でも

お話をしましたが、もう一つの共鳴空間に

ついてもここで説明しておきます

 

それは口腔の空間です

主にチェストボイスを発声する時に

共鳴させる事が多い場所です

口腔の共鳴は意識している人が少ないかも

しれませんが、実はとても重要です

もうお気づきになった方もいらっしゃると

思いますが

鼻腔と口腔は同時に共鳴させる事もできます

ヘッドボイスやミドルボイスで鳴らす箇所と

ミドルボイスやチェストボイスで鳴らす箇所を同時に共鳴させる事ができるのです

つまりヘッドボイスからチェストボイスまで

同じ様な声質や声色を得られたり

ヘッドボイスを強く響かせたり

チェストボイスを軽く響かせたり

様々な発声が表現できるようになります

これこそが

声区融合の状態です

私もこの状態に至るまでに様々な練習を

しましたが、効果的のあった練習は

ミドルボイスをチェストボイスに落とし込み

同じ様な響きを得る練習と

チェストボイスのフォームを崩さないように

ミドル→ヘッドと音域を上げていく練習です

具体的には鼻腔と口腔を同時に共鳴させながら声帯をヘッドボイスが発声できる形にする

もしくはあらかじめ声帯を引き伸ばした状態でチェストの音域を発声をして音域を上げていくという事です

この共鳴での歌唱方法を習得してからは

本当に色々な声が出せるようになり

音程の上下も楽に行えるようになりました

皆さんも共鳴で歌うという事に是非挑戦してみて下さい

 

You tubeでブログ記事の解説をしたり歌ったりしています

https://www.youtube.com/channel/UCgI3OAR37_Jd38TyW6v4-Gg?view_as=subscriber

 

Twitterで発声やミックスボイスについて情報発信しています

 https://twitter.com/offiymixvoice?s=09

 

スマホアプリ[カラスタ]で歌っています
https://karasta.net/profile/op90590462

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌声と裏声を忘れた人達

裏声を忘れた人達!

一冊の本と出会いました

2007年出版なのでもう12年も前の本です

タイトルはなんと!

[裏声のエロス]

大胆なタイトルだなと思い

思わず手に取ってしまった私は

思いがけない衝撃を受けます!

著者[高牧 康]さんは

音痴強制を主に手掛けるボイストレーナー

矯正手段として[裏声]を活用する

理論を展開しています

彼の理論では

裏声は人類がまだ動物として生息していた頃

発声していた声は[鳴き声]でその声は

[裏声であった]と記述しています

私はなるほど!と思いました

犬の遠吠えもそうですが

動物の鳴き声って基本的に高い声ですよね?

重低音の鳴き声はあまり聞かないですよね

人類も昔は情報伝達を

[音の高さ、長さや響きかた]で伝達していた

そして言葉[言語]が発達する毎に

意思伝達のために高い音を出す必要がなくなったと考察していました

そして私はこの言葉に衝撃を受けます

自分の理論を再考しなきゃと思うほど

この言葉に衝撃を受けました

人間の泣き声は[裏声]である

人間は地声だけでは[泣けない]

私はハッとしました

 

試しに泣いた芝居をして録音して下さい

そして聞き返します!

物凄いクソ芝居です[笑]

私は気づきました

人間は本気で泣いた時は地声だけでは泣けないんです

人間は感情が理性を上回ったら普段使わない

領域の声も使えるんだと認識しました

私はミックスボイスらしき声がでた!

とかを否定的にみていました

努力もしないでそんな簡単に出来ない!

そんな観念に縛られてました

そして私も経験があるのですが

本気で泣いた時の音の高さは地声では

再現できません

裏声も併用した[ミックスボイス]の発声が

泣いた時に再現されているのではないでしょうか?

はるか昔、人類が鳴いていた声は

現生人類の泣き声に名残があるのでしょうね

そしてコミュニケーション能力の発達によって使われなくなった[裏声]を歌うための能力

として鍛えてみてはいかがでしょうか?