Offiy's BLOG

カラオケで高い声で歌いたい、高い声が出ない、憧れのボーカルのように歌いたい、声の悩みや発声方法、そしてミックスボイスについての情報を発信しています

ミックスボイスを習得するためにおすすめな練習曲、課題曲

ミックスボイスを習得するために最適な練習曲、課題曲とは

ボイトレでエクササイズばかりやってる皆さん!

エクササイズは飽きませんか?

実は名曲をコピーするほうが技術力が上がりやすいんですよ

今日はミックスボイスを習得するために最適な練習曲とはどんな曲かをご紹介します

歌ってみたのイラスト

選定基準は

・有名な曲

・すぐに聞ける

・カラオケで歌えればモテるかも!!!

すぐに聞けて練習できるように

AmazonMusicからの選曲です

そして今回は

ヘッドボイスが発声できるようになってきて

これからどのように練習していけば

良いのか悩んでいる男性向けの

記事となりますのでご了承下さい

 

 

練習曲

お題

Official髭男dism

[Pretender]

大人気「髭だんのプリテンダー」この曲です

選曲の理由を説明します

まず曲のKeyが高く普通の成人男性は

地声では歌えません(殆どの人は)

これが重要で最初から最後まで裏声でとことん歌って下さい

そしてボーカルの藤原さんの声は線が細く

裏声での歌唱でも違和感が少なく聞こえます

なのである程度歌いこなせれば

人前でのカラオケでも披露できるでしょう

 

この曲で練習してもらいたいこと

この曲で練習してもらいたいことは

サビの部分での高音域を裏声で歌唱する事

まずはサビをとことん練習しましょう

歌詞で言うとグッバイから後です 

サビの最高音はC5(高いド)の音ですので

裏声の練習には申し分ない高さです

まずは歌詞を歌わずに「NA」「な」の発音でメロディを歌いましょう

なぜ「NA」の発音なのか?

Nの音は声帯の閉鎖を得やすくAの音は口を開けやすい

声帯閉鎖をしながら口腔の空間を取りやすい発音なのです

まず「NA」の発音でサビのメロディを歌いましょう

サビのメロディがある程度追う事ができたら

歌詞を歌ってみます

どの歌を歌う時もそうですがまずはサビのメロディを歌う

これお勧めです!

そしてサビを覚えたらBメロAメロと歌っていきます

ここでの注意点はBメロの最後とサビの繋ぎを同じ声の質感で歌うこと

ヘッドボイスの音程を下げ鼻の響きを

得るように歌って下さい「鼻腔共鳴」

この曲でいえば「グッバイ」から「きみの」の部分を同じ質感の声で歌えるように

練習してください

Bメロサビと繋げれば最後にAメロの練習をして

一番だけ通して歌ってみます

この段階まできたら

あとは自分が納得がいくまで歌うのみです!

以上が練習方法の概要です

 

まとめ 

いきなり歌詞は歌わない

「NA」の発音が発声練習には最適

まずはサビを覚えよう

ボイトレのエクササイズもいいけど

名曲のコピーは技術的に上達が早い

自分の好きな曲をミックスボイス習得のための練習曲にしませんか?

ミックスボイスの発声方法と必要な練習方法

ミックスボイスの発声方法

表題の通り

ミックスボイスはどのようにして

発声するのか?

ミックスボイスとは

声帯閉鎖がなされた状態で

声帯を伸展させて

[鼻腔、口腔]内で共鳴させて発声する

上記の発声方法が高音域まで自由に歌える

ミックスボイスと呼ばれる発声方法です

でもいきなり伸展とか閉鎖とか言われても

訳がわかりませんよね!

別の言い方をすると

ミックスボイスを習得するためには

声帯の使い方を学ばなければなりません

そのための練習方法等を書いてみますので

ミックスボイスを習得したくて

頑張っている皆様の参考になれば幸いです

ミックスボイスを発声するための練習方法

声帯閉鎖の感覚を養おう

まずは声帯閉鎖の感覚を覚えましょう

声帯閉鎖はミックスボイスを発声するための

基本的な声帯の状態です

 

裏声の発声練習をしよう

声帯を伸展させるために必要なのが

裏声の発声練習です!

裏声が発声できる状態の声帯の形が

声帯が伸展された状態です

特に日本人は日常生活で裏声を使う事がなく

意識して練習しないとミックスボイスが

発声できる声帯の状態にはなれません

裏声の下降訓練をしよう

裏声が綺麗に発声できるようになったら

裏声のまま低い音域を歌う練習をしましょう

この時に裏声で歌う事による様々な問題が

出てくると思いますが次の項目の技術が

上達すれば様々な問題が解決されます

共鳴感覚を養い共鳴で歌う技術を獲得しよう

裏声の問題点は次のような事があげられます

声量が稼げない

パワーが無い

裏声っぽくて違和感が凄い等

上記の問題を解決して裏声でも

地声のようにパワフルに歌うためには

声を共鳴させる技術を獲得しなければ

なりません

共鳴と言って皆さんが思い付くのは

[鼻腔共鳴]と言う言葉だと思いますが

それだけでは足りません

ミックスボイスと呼ばれる発声方法を

獲得するためには

[口腔共鳴]この共鳴感覚が本当に重要です

特に口腔共鳴は鼻腔共鳴より

共鳴空間が大きく声量が稼ぎやすい

エッジボイスが声に含まれやすい

上記のような利点がありますので

ONE OK ROCKやB'z等を歌うためには

この口腔共鳴は必須技術となります

私の場合はロック等を歌う時は口腔共鳴

バラードやポップスを歌うときは鼻腔を

強めにと使い分けています

ボイトレも様々な方法等があります

ですがミックスボイスの習得に

本当に重要なのは上記の内容なので

皆さんの発声練習の中に取り入れて

みて下さい

 

 

 

 

 

 

 

裏声と声帯閉鎖[エッジボイス]とミックスボイス

裏声が地声の様に響かないのは声帯閉鎖[エッジボイス]が機能していないから

裏声での歌唱を練習している皆さんが

必ず詰まるであろう問題がここじゃないかと

思って書いてみます

ミックスボイスを習得したくて

裏声の発声練習をしてるけど

いまいち納得がいかない

地声っぽくならない

バラード系は歌えるけど

アップテンポでアグレッシブな曲は

歌えない

力強い高音域で歌いたいけどパワー不足

私は上記のような問題に長い間

悩まされていました

皆さんはどうでしょうか?

 

現在はすっかり解消したこの問題も

当時は本当に悩みました

そして結局何が問題だったかというと

共鳴の取り方が下手くそだった

一言で言うとこうなります

少しだけ詳しく書いてみます

 

裏声で声量を稼ぐには声を共鳴させる

必要があります

共鳴と言うと皆さんは何を思い付きますか?

おそらく鼻腔共鳴という言葉だと思います

これは間違いではありませんが

もっと重要な共鳴を得られる箇所として

口腔[口の中]があります

ここの共鳴を得られると

上記の問題は劇的に改善されます

それはなぜか?

それは

口腔で取ることで共鳴空間が大きくなる

声の起点が喉に近くなりエッジボイスの

響きが声に多く含まれる

共鳴空間が大きくなることで声量が稼げるようになり声にエッジボイスの響きが多く含まれることで裏声が地声のような響きに変わってくるのです

この状態を実現するために最も重要な要素は

声帯閉鎖でした

声帯閉鎖がしっかりできた状態の裏声を喉を含む口腔で響かせて歌う

これこそがミックスボイスの発声です

これができればONE OK ROCK

B'zもSEKAI NO OWARIも歌える声が

発生できるようになります

裏声、声帯閉鎖、共鳴が重要な3つの

キーワードでしょう

ミックスボイス習得を目指す皆さんは

是非この事を意識して練習してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

ミックスボイス習得のために何故、裏声を練習しなければならないのか?

ミックスボイス習得のために何故、裏声の練習が必要なのか?

 

今回は表題の通り

ミックスボイスを習得するために

何故、裏声を練習しなければならないのか?

何故、地声からではダメなのか?

これについて書いてみます

 

ミックスボイスを習得するために

裏声の練習をする理由は

声帯の使い方を学ぶため

これにつきます

 

ミックスボイス正体は裏声だと

言っている人もいますが

それでは説明が雑過ぎます

純粋な裏声そのものは

地声のような響きを持ったミックスボイス

と言える声にはなりません

それでも裏声の練習が必要なのは

上記に書いた通り

歌唱に適した声帯の使い方

声帯の形、正しいフォーム

これを習得するために

裏声の練習が必須なのです

 

高音域まで自由に歌える

正しい声帯の形[フォーム]とは

ヘッドボイスが発声できる声帯の形です

この声帯の形[フォーム]を維持したまま

[バランスを取ったまま]

中音域、低音域の発声をする事で

幅広い音域を歌える発声が可能になるのです

もう少し具体的に書くと

ヘッドボイスで高音域を発声している時に

声帯は薄く伸ばされた状態で振動しています

発声する音域が低くなる事に声帯は厚みを

増していくのですが

その時にヘッドボイスを発声できる

声帯の形[フォーム]を崩さず

声帯の緊張を緩めて厚みを増し

低音域を発声する

この様な声帯の使い方を

習得する必要があります

地声の発声からでは

この声帯の形にたどり着く事は

ほぼ不可能だと思っています

 

なので、まずはヘッドボイスを習得し

その声で低い音域を発声する練習

裏声の下降訓練がとても効果的なのです

 

それでもおそらく最初は

高い声が出るようになっても

高い声で歌えるようになっても

線が細い

声量がない

裏声っぽい

こんな問題に直面する事でしょう

ただしこれは次の段階で克服できます

なのでミックスボイスを習得したいのなら

最初はヘッドボイスの習得と下降訓練を

徹底して練習し声帯の使い方を学びましょう

 

最終的な目標である

地声のような響きで聞かせるようになるには

エッジボイスの響きを加える等の技術が

必要になりますが

それは次の段階で克服したい話なので

次回以降のブログでご紹介したいと思います

 

 

 

 

 

 

ミックスボイス習得のために必要な3つの重要なポイント

ミックスボイスの習得には3つの重要なポイントがある

ミックスボイスを習得するために

本当に必要なポイントを整理してみたら

3つに絞る事ができました

早速書いてみます

1、裏声

2、声帯閉鎖

3、共鳴

以上です

これたけでは分かりにくいと思いますので

捕捉します

まず1、裏声です

裏声の練習はミックスボイス習得のためには

絶対に必要ですが・・・

裏声とミックスボイスとが結び付かない人が

多い事も理解しています

この解釈も難しく

[ミックスボイスは裏声なのか?]

と問われたら

[違います]

と答えます

ミックスボイスの習得に

[裏声は必要か?]

と問われれば

[必要です]

と答えます

禅問答のようになっても仕方ないので

ここまでにしますが

[]裏声が必要だが裏声のままではない]

この事を覚えておいて下さい

そして

裏声を進化、成長させるものが

その2、声帯閉鎖

その3、共鳴

この2つになります

それぞれ個別に記事を書いていますので

そちらを見て貰いたいのですが

 

声帯閉鎖

https://www.offiychannel.com/entry/2019/07/06/085411

 

共鳴

https://www.offiychannel.com/entry/2019/10/17/205607

 

要点は

声帯を閉鎖させて発声した

芯のある裏声[ヘッドボイス]を

地声感[倍音]

豊かに響かせて[共鳴]

歌う方法を習得する事を

目指してみましょう

という事になります

 

なぜ裏声が必要か?

については

また改めて記事を書きたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏声を成長させるために共鳴感覚を養う

裏声を成長させるために共鳴感覚を養おう

裏声を基本に歌声を構築するためには

声を共鳴させ声量を稼ぎ様々な声質を

得る事が必須技術となります

それでは

共鳴感覚を掴むための練習をしてみましょう

まず前提条件として

声帯閉鎖をしっかりできるようにして下さい

ヘッドボイスが綺麗に発声できれば大丈夫です

ヘッドボイスが発声できれば声を共鳴させる

基本はできています

その状態から声を共鳴させる箇所を広げるように練習していきます

共鳴箇所を広げると書きましたので

共鳴箇所を具体的に書いてみます

まずは鼻腔です

鼻腔共鳴と言う言葉が有名ですよね

次に口腔です

これは聞いた事がない人が多いと思いますが

とても重要な共鳴箇所なんです

裏声を成長させて自由に歌うためには

この2つの共鳴箇所を共鳴させる感覚を

身に付けなければなりません

特に口腔の共鳴空間を習得できれば

裏声に充分な声量と地声のような声質を

得ることができる事でしょう

でもそれには基本を守り共鳴空間を少しづつ

広げる練習と過程が必要です

基本とは

声帯閉鎖したヘッドボイスを発声できる声帯の形の事です

余計な力を入れたりするとすぐに崩れてしまいます

共鳴空間を少しづつ広げるとは

まずは鼻腔共鳴を習得し徐々に口腔共鳴を

広げて行くことです

それではまず鼻腔共鳴の感覚を掴みましょう

鼻腔共鳴の感覚を掴むための練習で

1番効果的なのは[ハミング]です

ハミングをやりながら

鼻が鳴っている感覚を掴みましょう

ミドルボイスを扱った記事でも書きましたが

ヘッドボイスを鼻腔で共鳴させる感覚で

発声する練習をして下さい

それができるようになれば

次の段階として

ミドルボイス[ヘッドボイス]を口腔内で

共鳴させて発声します

この口腔共鳴の感覚を掴むためには

相当練習を積み重ねる必要があると思います

鼻腔共鳴から少しづつ発展させて下さい

少しばかりのコツみたいな物を紹介します

まず声帯は裏声[ヘッドボイス]の形を維持します、声帯は閉鎖した状態で口の中の空間は大きく広げましょう

口を大きく開くではありません

口の中を大きく開くです

その状態でも声帯の閉鎖を緩めない・・

何しろ練習が必要です

裏声を基本に自由に歌える声を習得するために頑張って練習を積み重ねて下さい

そのための手助けとなる本を紹介しておきますので

あなたの練習に取り入れてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

いつまでも裏声が裏声っぽいまま 裏声を鍛えるとは?

裏声を鍛えて歌声に成長させるとはどういう事か

裏声を鍛えると一言で言っても

鍛えるっていったいどうやるの?

どの様な状態になれば良いの?

何でミックスボイスを習得したいのに

裏声を練習させるの?

こんな疑問を感じた事ありませんか?

裏声の練習に取り組むとしても

この辺りの疑問が解決されなければ

不安で練習に真剣に取り組めないかも

しれませんね!

今回は裏声についてもっと考えてみましょう

まずは!

[裏声を鍛える]をもっと具体的に考えてみる

まずは裏声を発声させる声帯を操作する筋肉

輪状甲状筋を鍛える事が注目されていますね

これは確かに大事な事です

今まであまり使った事のない

輪状甲状筋を鍛える事は高い声の発声に

とても重要なステップです

でも・・・

裏声をいくら鍛えても裏声のまま!

私はこれで悩みました

力強く発声できるけど裏声っぽい

高い声の発声ができるけど裏声っぽい

私はこの状態を突破するのに何年も費やす事になりました

これはどんな状況だったか例えてみると

筋トレを頑張って筋力はついたけど

野球やサッカーは下手くそだった

こんな感じですね!

声帯の筋肉を鍛えて

高い声は発声できるようになったけど

ただそれだけと言う感じです

この状況を克服するには

ある技術的な事を習得する必要がありました

それはどの様な技術かと言うと

[声を共鳴させる技術]です

声を響かせる箇所や響かせ方で

声の聞こえ方が大きく変わってきます

鼻で響かせる

喉の奥まで響かせる

口の中で響かせる

発声しているのは裏声だけど

まるで地声の様に聞こえたりするのは

響かせ方[共鳴のさせ方]が大きく関係します

ネット等でミックスボイスと裏声について

取り扱う人も増えてきましたが

どれも筋力的な意味で裏声を鍛えよう

という内容の物が多いです

筋力的なトレーニングを頑張って

高い声が発声できるようになってきたら

技術的な意味で裏声を鍛える[共鳴方法]に

取り組んで見てください

裏声を鍛えると言うことは

筋力を鍛える

技術を鍛える

この2つを意識して練習に取り組んで下さい

技術的な練習方法や私の体験談等を

このブログや動画で紹介していきます

ご興味がありましたら

是非また見に来てください